離婚の成立に必要な条件とは?

離婚の成立に必要な条件とは?

離婚の成立に必要な条件とは?

全く違う人同士が一緒に過ごす結婚生活の中では、どうしてもこのまま婚姻関係を続けていくのが難しいという問題が発生することも考えられますよね。

しかし、片側の意見だけでは離婚という形が認められないということをご存知でしょうか?

今回はそういった部分で、離婚が成立するための必要な条件についてお話ししていきます。

法律上、裁判で離婚が成立するには以下の条件を満たしていることが必要になるのです。

・不貞行為
・悪意の遺棄
・3年以上の生死不明
・配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない
・その他婚姻関係を継続しがたい重大な理由

悪意の遺棄というのは、正当な理由のない、配偶者との別居や協力の拒否、同じ生活レベルを営むことを保証しない、といった内容になります。

つまり、こういった条件に当てはまらない場合には、片側からの強引な離婚が成立しないということになるのです。
離婚という形での問題解決の方が好ましいという場合も少なからず存在することでしょうから、法的に離婚が認められそうなのかそうでないのかという点も、事前に確認しておくべきでしょう。

こういった条件を踏まえた上で、ではどのようにして離婚が成立するのかという内容について、次回の記事でご説明していきます。

探偵東京・浮気調査<足立区・池袋>へ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*