離婚したときの慰謝料の相場とは?

離婚したときの慰謝料の相場とは?

離婚したときの慰謝料の相場とは?

離婚するからといって、全ての人が慰謝料を請求できるわけではありません。

相手に落ち度があった場合、浮気などが原因の離婚なら当然支払ってもらうことは可能です。

その慰謝料の相場とは、どのくらいの金額になるのでしょうか。

これはケースバイケースで金額には幅があり、10〜1,000万が相場となります。

パートナーの浮気が原因で離婚するのなら、婚姻期間の長さによって変わることもあります。

婚姻期間が長ければ長いほど、金額も大きくなるものです。

ただし、慰謝料をしっかりと払わせたいのなら、それなりの準備は必要です。

示談で決まるなら準備は必要ありませんし、浮気相手からも慰謝料を取りたければ浮気相手との交渉によって決まることもあるでしょう。

しかし、示談となるとパートナーも浮気相手も自分たちの非を認めないことも考えられます。

その際には言い逃れできない浮気の証拠が必要になりますし、示談で決着がつかなければ調停や裁判の可能性も出てきます。

こういう時に必要な浮気の証拠は、確かなものでなければ慰謝料をしっかりと払わせることができなくなります。

個人で尾行するなどの証拠を集めは簡単なことではありませんから、慰謝料を請求する前にあらかじめ探偵に依頼するなどプロの手を借りて集めるようにした方が無難でしょう。

青木ちなつ探偵事務所は東京の探偵業者です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*