盗聴器の種類

盗聴器の種類

盗聴器の種類にはいくつかあります。

盗聴器の種類

アナログ式盗聴器とは、いわゆる昔からあるコンセントの中に仕込まれているような盗聴器です。

テレビの裏側や色んなところに仕込みやすいですね。

そしてリモコン式盗聴器とは、スイッチを入れた時に盗聴器として使うものですので電源が入っていないと盗聴発見機で見つけることができません。

そして最近ではもっと発見がされにくい盗聴器があります。

それがデジタル式です。

デジタル式盗聴器とは、見た目がPHSなので気づかれにくいですし着信があった時に盗聴できるのです。

最後にスクランブル盗聴器とは、そもそも盗聴電波というのは、どの受信機でも距離範囲が合えば聞けるのですが、スクランブル盗聴器に関しては専用の受信機でないと電波を受信することができない特殊なものです。

浮気調査などをする際には、こういった巧妙な盗聴器で証拠を確実に抑えないと今の時代では調査ができないのかもしれませんね。

また盗聴に関しては会話を聞くだけでは犯罪にはなりませんが,盗聴器を仕掛ける時に勝てに家屋等に浸入した場合には,住居侵入罪が適用されます。

しかし、その内容を聞き悪だくみをした場合には犯罪になりますので使い方には十分注意しなければなりません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*