盗撮被害に遭わないようにするために

盗撮被害に遭わないようにするために

盗撮被害に遭わないようにするために

盗撮被害に遭わないためにはどうしたらよいでしょうか?

大切なことは危機管理を持つことです。

外に出たら常に危険があることを意識しましょう。

周囲に常に目を配ること。

盗撮が多い場所に気を付けることです。

階段やエスカレーターで、自分の後ろに立った人間に注意するのは当然です。

不審な動作にはすぐに気づかなければなりません。

書店で立ち読みするときも注意しましょう。

後ろに人が来たらそこから移動するか、振り返りましょう。

床に置いた荷物にカメラが仕掛けられているかもしれません。

行列に並んでいる時も同じように気を付けなければなりません。

カバンやスマホを低い位置に持ってきているかもしれません。

スカートの長さは関係ありません。

むしろ長いほうが相手はそれをチャンスと狙ってきます。

トイレでも何にカメラやレンズが仕込まれているかわかりません。

今のカメラやレンズは極小です。

不審な置物や異物に注意しなければなりません。

携帯電話やスマホを見ながら歩いていたりしませんか?

歩行者に衝突したり交通事故に遭う危険だけでなく、スキのある人間に見られている恐れがあります。

スキのある人間を盗撮犯人は探しているのです。

距離を置いてつけて来て、あなたが立ち止まった時に狙ってくるのです。

気が休まる暇がありませんが、最大限の注意を払いましょう。

東京の探偵事務所なら青木ちなつ探偵事務所へ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*