浮気の証拠として使われるものとは

浮気の証拠として使われるものとは

浮気の証拠として使われるものとは

休日出勤が増えたり、帰宅が遅くなったり、携帯電話を常に持ち歩く、あるいは急にロックをかけるようになったなど、パートナーの行動が怪しくなった時は浮気が懸念されます。
浮気が疑われる時にはまずは証拠を集めることが重要です。

自分でできることは携帯電話のメールの内容を調べたり履歴をチェックしたり、尾行などですが、慎重に行わないと相手に気付かれて警戒心を強められてしまうリスクがあります。

自分で行う浮気の調査に限界を感じたら、専門家に調査を依頼するのが問題解決に向けての一番の近道です。
人に相談ができずに一人で悩んでいるより、第三者に相談することで気持ちが整理されて自分がどうしたいのかを冷静に考えることができるようになりますよ。

尾行のプロである探偵が慎重かつ綿密な調査を行うので、浮気の決定的な証拠が掴める可能性が高くなります。
裁判などで浮気の証拠として使われるものとは、ホテルの出入りの写真、ビデオや浮気相手との会話の録音テープ、メールの内容などです。
それらの証拠により、裁判をしなくても話し合いで離婚を有利に運ぶことができますし、お子さんがいれば親権を容易に取ることが可能となります。

たとえ離婚という悲しい結果に終わっても、パートナーや浮気相手から十分な慰謝料を取ることができれば納得して次のステップに進むことができますね。

東京の探偵なら青木ちなつ探偵事務所へ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*