探偵は調査力が全て

探偵は調査力が全て

再三、探偵の調査力について書いて来ましたが、前回は調査力と云うのを探偵業務全般を調査力と表現して来ましたが、今回は現場での調査力だけに特化して説明して行きます。

先日、変な電話があり「探偵って映画と同じ様なことするの?」最近『探偵はBARにいる』を見たらしく、「あんな命がけの危ないこともするの?」その後に「求人はやってますか?」って、求人はしてますが、こんな意味不明なことを、ましてやフリーダイヤルに電話して来る様な人を雇用する訳有りませんので、シッカリとお断りしました。

殺人事件まで扱うスクリーンの中の探偵を軸に考えてもらうと、どんなに頑張ってもリアル探偵は全員ただのへっぽこ探偵になりますのでそこだけは最低限ご理解下さい。

上述した様に、極端ではありますがこんな人は調査力以前の問題で、コミュニケーションが取れない人は探偵に限らずどんな社会でも生き難いでしょう。調査は1人でするものでは有りませんので協調性がなければ、調査に支障をきたします。

元来、探偵の有能無能さはセンスと集中力と協調性のこの3つが必須条件です。集中力は先ず車で事故をしないこと、尾行中に交通違反等で捕まらいこと。それと、調査対象者を見逃さないことなどが基本条件です。技術面で云うと、浮気調査に関してはホテルや不倫相手の家に入るところ出るところを、キッチリ撮らなければいけません。これが必ず出来ること、調査対象者に看破されない事。この2点を任せられて初めてスキルが高い探偵と呼びます。

それに付随するのがアドリブ力です。話もしたことの無い人が対象者なのですから、不倫や浮気にも人の数だけ動きが違います。概ねの予想はパターンがありますが、それに頼ると大きなミスを犯します。アドリブ力は調査現場にあって無くてはならない重要事項です。急にタクシーに乗られる可能性、バスに乗る可能性全てを探偵はいつも頭に入れて動かなければなりません。撮影は少し慣れて落ち着けば然程、難しいことでは有りませんが、そこでもアドリブ力が関係して来ます。いい写真を撮る為に必要以上に近づき過ぎて、警戒されカメラを隠して大事なシーンが撮れなかった等、その場の距離感が大事です。ある意味、探偵は直感で瞬時に判断が求められるのです。

「絶対このホテルに入る!」等と決めつけて、先回りしてそれが空ぶると大きなミスに繋がります。浮気・不倫カップルの歩き方を読みながら間違い無いと確信した時、ベストポジションを決めて撮影に臨みます。自分がミスしても一緒に尾行している探偵が撮ってくれてるだろう等と云う、『もたれあい』も失敗の温床です。例え3人や4人で尾行していても、ひとりで追っているつもりで臨んで初めて探偵全員がいい写真が撮れるのです。これも、協調性がなければ、また失敗してしまいます。

探偵の作業の中で車両尾行でも、コミュニケーション能力と集中力が鍵になります。運転手は勿論のこと、同乗している探偵達が各々の役割分担を決めます。運転手の視界からは見えないところを、見える探偵達がフォローし。「中いちです」(調査対象者車両と調査車両との間に車が何代いるか)などと、絶えず声を掛けあい。信号での失尾(しつび 見失うこと)を防ぎます。運転手は常に真後ろに付いている訳では無いので、いつもメイン信号の横、歩行者用信号が点滅していないか。また、目の前の信号ひとつ向こうは何色なのか。色んなことに目を向けているのです。

暗い地元道では、赤信号で調査対象者車両が停まると感じたら、手前の道をワザと曲がったり、コンビニがあれば駐車場に入って、信号を通過するのを待って、少し距離を空けて再び尾行を始めます。これは運転手の才覚にもよりますが、「少し付いて行き過ぎてるなぁ」と感じれば、思い切って前へ出たりもします。当然、調査対象者車両が曲がってしまっても大丈夫なところに位置取りをしたり、調査対象者車両の横1m手前の死角に入ったりと、車両尾行は探偵の調査の中で一番難しいと云っても過言では無いでしょう。浮気調査の様に依頼者さんにGPS等をリースし装着してもらっている場合には逆に簡単な部類に入りますが。

この様に調査力を兼ね備えた探偵事務所に依頼しないと、高いお金を払って証拠が撮れない上に、調査対象に見つかってしまうと云うトンデモナイ結果になることも無いとは云えないでしょう。ただ、一般の方が探偵を利用するのは、そうで無い人よりも絶対数で少ないので、調査力があるか否かの判断は相当難しいでしょう。『安かろう悪かろう』で決めてしまうのは仕方無いことは私達も十分理解はしています。例え規模は小さく調査料金も安い弊社の様に、本社が足立区の隅っこにある探偵事務所が存在することを、探偵探しの際には頭の片隅に置いておいて下さいませ。

調査力と粘りは同業他社に勝るとも劣らない自負が御座います。また、調査力だけでは無く依頼者さんにいつも寄り添いケアし。全ては依頼者さんの利益であるとの信念のもと、カビが生える程長い年月、探偵をして居ります。私達が探偵では無く探偵を利用するトラブルが発生した時には、絶対に弊社に依頼すると心の底から思って居ります。

それが、関わった弁護士さんからの信頼と、過去の依頼者さんから紹介される所以であります。手前味噌に聞こえるかも知れませんが、私共 青木ちなつ探偵事務所は、探偵のプライド。難しい言葉で云うと『矜持』を持って堂々と「お任せ下さい」と胸を張って言えるのです。

浮気調査、素行調査、結婚詐欺、裁判資料収集を完結し。かずかずの依頼者さんの不安、恐怖、憎悪を取り除くお手伝いをしております。探偵を利用しない人生が一番良いのですが、生きていると何等かのトラブルが発生します。悩んで解決出来ることならずっと悩んで下さい。そして、悩んで解決しない時には探偵と云う特殊なプロ集団が存在しますので、相談だけでも一度してみても損は有りません。余程、品質の悪い探偵事務所を選ばない限り、きっとご満足させてみせます。浮気調査であれお子様の素行調査であれ、企業調査であれ一旦、受任した限りは必ず完結致します。

病気の時は、医師に相談する様に心が風邪をひいた時には精神科に行くのも良いですが、探偵は想像以上にあなたを楽にする存在です。

探偵東京・浮気調査<足立区・池袋>へ

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メールでのご相談
Lineでのご相談
電話でのご相談