不貞行為って何?

不貞行為って何?

不貞行為って何?

不貞行為の定義でいえば、結婚というのは、法律的に言うと夫婦はお互いに協力して円満な夫婦生活を送れるようにする義務があるわけです。

つまりお互いに貞操を守る義務もあるというわけです。

だから浮気をして肉体関係を持つなどをしてしまった証拠があれば、離婚裁判で重要な要素になります。

ただ浮気といっても人によって基準が違ったりもします。

ですから一方的に浮気だ不貞行為だといっても、中には裁判で不貞行為とみなされないケースがあります。

例えば、はたから見れば間違いなく付き合っている状態なのだけど、まだ肉体関係にない場合は、不貞行為にならないと考えられてしまうケースがあります。

なぜなら付き合っているのか仲の良い異性の友人なのかということは線引きが非常に難しいからです。

不貞行為の定義としては、原則として肉体関係にあることが裁判で重要になってきます。

ですからいくら仲がよくても肉体関係がなければ、不貞行為として証明するのは難しいと判断されてしまいます。

またキスや抱擁だと不貞行為と法的には認知されません。

不貞行為は判断が難しいので、しっかりとした証拠が必要になります。

東京の探偵事務所なら青木ちなつ探偵事務所へ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*