ストーカー被害にあった時は

ストーカー被害にあった時は

ストーカー被害にあった時は

誰かに付きまとわれている、監視されていると分かった場合、自分ですべてを解決しようとする行為は逆に危険です。

ストーカーとしては、自分に興味を持ってくれたと曲解し、ますますエスカレートさせていくからです。

そのため、ストーカー被害にあった場合には、まず加害者を特定することを始めていくようにしましょう。

加害者が誰かが分からなければ、警察としても守りようがありません。

ひょっとすると勘違いなのではないかと警察に言われ、取り合ってくれないということもあります。

加害者を特定することがこの場合求められます。

加害者が分かれば、次に証拠を集めることになります。

証拠さえあれば警察は動かざるを得ませんし、勘違いでもなんでもなく、明確なストーカー行為であることが証明されます。

そうした作業を経たうえで警察に相談という流れになります。

警察に相談した以上は、それで安心せず、ストーカーを刺激するようなことを言わないことが絶対に重要です。

警察に相談した事実を直接伝えれば、ストーカーは逆上してしまいます。

話せばわかる相手ではないからこそ、適切な対応が必要なのです。

青木ちなつ探偵事務所は東京の探偵業者です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*