いじめ被害を見抜く方法

いじめ被害を見抜く方法

いじめ被害を見抜く方法

お子様のいじめ被害をしっかり見抜くためには、いくつかのサインがお子様から感じ取ることが求められます。

1つ目は、お子様が家族との対話を避けるようになるというものです。

自然と学校の話が出てくるものですが、家族に迷惑をかけたくないと子供ながらに感じて話したくないということで、なるべく学校の話を避けるようになります。

そうなると、部屋に閉じこもりがちになってしまいます。

これらのことが重なったときには、ひょっとしたらいじめを受けているのではないかと敏感に感じ取ることが大切です。

2つ目は、お子様の感情の起伏が激しくなり、八つ当たりが見られるようになった場合です。

いじめ被害だけでなく、悩み事があれば、それが原因で心が平穏な状態でなくなるのは明らかです。

このタイミングでお子様の話をできるだけ聞き、味方であることやご両親がちゃんと守るという意思表示、愛情をもって接していることなどを伝え、話を聞き出すことが重要であり、絶対にこうしたサインが見られた場合には、突き放すなどの行為はしないようにしましょう。

こういったことを抑えておくことで、いじめ被害の拡大を防ぎ、お子様の日々の変化をサポートできます。

お子様の変化はわかりにくものです。

少しでも違和感があれば、それとなく聞いてみるようにしましょう。

東京の探偵事務所なら青木ちなつ探偵事務所へ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*