探偵になるために必要な資格とは?

探偵になるために必要な資格とは?

探偵になるために必要な資格とは?

探偵になるために必要な資格に関してですが、医師や弁護士等とは違い、そういった資格は必要ないです。

国家試験を受けたり、業界を指定する試験を受ける必要はなく、探偵を営むには、探偵業届出証明書が必要になります。

フィクションでは社会的に秘密の職業といった印象で描かれる事が多い探偵事務所ですが、実際は行政に届け出が必須であり、公に認可される事で初めて事務所が開設でき、依頼が受け付けられます。

届け出を行政に出すだけですので、理論的には誰でも資格ゼロでプロの探偵になれます。

しかし、実際に成果を出すには尾行調査や、張り込み調査などの調査技術が必要なのはいうまでもありません。

そのため、元刑事や元弁護士とった調査技術を持った人々が探偵事務所を開業するパターンが大半です。

また、大手の探偵事務所で経験と知識を積み重ねてきた人々が独立し、自分の探偵事務所をオープンさせる事例も多いです。

尾行調査と張り込み調査は探偵の必須スキルになります。

ターゲットに気づかれない隠密性、そして目の前で発生した事案や出来事を文書等で正確に記録出来る行動力が問われます。

またいたずらに情報を漏らさない守秘義務がありますので、人間としての倫理観やモラル意識も要求されるため、国家資格は不要ですが、個人に求められるスキルは高いです。

東京の探偵なら青木ちなつ探偵事務所へ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*