いじめは犯人捜しをしてもいい?

いじめは犯人捜しをしてもいい?

いじめは犯人捜しをしてもいい?

お子様がいじめられた場合、お子様をいじめた犯人は誰なのか、当然ながらその犯人を突き止める必要があり、犯人捜しは必ずするべきです。

被害を受けたお子様の心の痛みを和らげるだけでなく、さらなる大きな被害からお子様を守ることにもつながります。

とはいえ、親が学校に乗り出し、監視するというわけにはいきません。

そうした時に頼りになるのが専門家への依頼です。

専門家への依頼が最も効率が良い方法で、友達などの身近な人にお願いするのではなく、第三者、特に専門家にお願いすることで解決に導くということができるようになります。

当の学校はいじめの犯人探しに非協力的で、そう簡単にいじめを認めようとはしません。

そのため、認めさせる、もしくは率先して動いてもらうためにも専門家などが調査を行い、証拠を掴んで、その事実を学校側に伝えましょう。

それでもダメならネット上で公開し、問題にしていくという手段があります。

学校としてはいじめの犯人探しに非協力であると同時に、あまり問題にしたくないため、早期解決に協力してもらうことができます。

以上のことより、まずは専門家への依頼が大切です。

その後に、専門家の指示に従って適切な行動を取りましょう。

東京の探偵なら青木ちなつ探偵事務所へ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*