青木ちなつ探偵事務所 浮気調査・素行調査・結婚詐欺等総合調査全般

浮気調査_少しでも心当たりがございましたらぜひ一度ご相談ください

今、このページを見ている方は、おおよそ何かしらの疑いをもっていることと思います。
しかし、短絡的な考えで安易に行動するのはよくありません。
いたずらに関係を悪化させる結果になってしまいます。

〔浮気調査の場合〕まずは、あなたの目的はなんでしょうか?

離婚を有利に進めたい

夫(妻)が浮気をしているのなら、なんの躊躇も無く離婚を決意されている方。
浮気の証拠(不貞行為)を収集しておき調停で相手側に好き勝手なことを言わせておいてからタイミングを見計らって証拠を突きつける。
または、浮気の動かぬ証拠を撮れば、離婚する権利が手に入ります。
簡単に離婚が出来、本人と浮気相手に慰謝料請求が出来ます。

イザと云う時の為に証拠を持っておきたい

妻(夫)の浮気には、なんとなく気付いていたが、自分自身は然程、妻(夫)に対して依存心が無く、子供の為に、一緒にいると云った様な方。
ある日、突然 離婚を切り出される場合が有ります。
離婚に応じるにせよ、それが本意でない場合にせよ、しっかりと証拠だけは撮っておかないと、調停等で好き勝手なことを云われる場合が御座います。
そんな時の為に証拠を持っておかないと悔しい思いをされる方が多く見られます。

親権だけは離したく無い

離婚時の親権は妻側ありきから始まります。
妻側の浮気の証拠と共に如何に子供を粗末に扱っているか。
また、妻側の家庭環境の劣悪さを証明して裁判に臨めば夫側が勝ち取ることも不可能では有りません。
また、浮気相手に慰謝料請求をして相手を引かせる事もできる可能性が高まります。
弊社は夫側が親権を勝ち取った事実が御座います。

離婚をせずに相手に慰謝料請求をしたい

基本的にしっかりした証拠さえ撮れば、離婚せずとも慰謝料請求は可能です。
金額も然程、変わりはないでしょう。
証拠を押さえて浮気相手に慰謝料請求すれば、約75%以上の確率で、平穏な暮らしが帰ってきます。

証拠を突き付けて相手と別れてほしい

証拠を撮って慰謝料請求の内容証明を送り付ければ、浮気相手の方から身を引く場合が多々有ります。
両名の依存度にもよりますが、W不倫の場合等は浮気相手とは別れる事が大多数です。
また、証拠さえ撮ってしまえば手段・方法はいくつも有ります。
ごく稀ですが自ら相手のところに乗り込む場合もあれば、浮気現場に来られる方も居られます。
また、浮気相手に「慰謝料請求の内容証明を出さない」と云う条件で相手と別れる場合も有ります。
それでもご不安な場合、信用できない場合には一度目の内容証明に「次に連絡を取ったり会ったりすることが有れば追加の慰謝料1000万円を請求する」等の条件を付けて発送する事も効き目が御座います。

あなたのパートナーは大丈夫?浮気している人の傾向□下着にこだわりだす□帰宅が毎日終電近く□浮気の前科がある□外泊をしたことがある□携帯が圏外になることが多い□家の中でも携帯を持ち歩く□休日出勤が増えた□飲み会の筈が本気で酔っていない

青木ちなつ探偵事務所は人道に反した行為を断固許しません!!怪しいと思ったら悩まず私たち専門家にご相談ください。

ボタンをタップすると自動的に非通知設定で発信いたします。また携帯電話、公衆電話からも電話料無料で電話をお掛いただけます。安心してお気軽にご相談ください。

※ライン無料通話はできません
※クリックで簡易にご登録可能です。

浮気調査Q&A

浮気とは?

A.

付き合っているのか親しい異性の友人なのか、その線引きが曖昧な場合、各々の価値観において、それが浮気と位置づける方もいらっしゃいますが、法律的な不貞行為とまでは云えません。
それが現実的な肉体関係に及ぶまでに、浮気調査など、何等かの手段を講じて、目を覚まさせなければいけません。
各々違いはありますが性交渉を持つ前だと目が覚めやすい確立が多い様に思います。

浮気を見つけるには?

A.

今、このページを見ている方は、おおよそ何かしらの疑いをもっていることでしょう。しかし、全くの見等違いの場合もあります。短絡的な行動は二人の関係性に亀裂が入りますので、冷静に行動されることをお勧めします。
浮気をしている人間には上記したような幾つかの傾向があります。
その傾向が幾つも重なりあった時に、手遅れにならない様、積極的に分析して、本当に心許せる友人や探偵社などの浮気調査無料相談窓口などに電話し、浮気調査のプロへ相談してみましょう。
※無理やり仕事を取ろうとする探偵社に相談した場合、例え何もなくとも「絶対に浮気している!」等と、その気にさせられることがあります。ご用心ください。

浮気を確信したら?

A.

「自分はどうしたいのか?」が重要です。
単純に「浮気をやめさせたい」「浮気相手を懲らしめたい」や、「相手から慰謝料を取りたい」「離婚してしまいたい」や、「まぁ、仕方ないか」など、相談者の方々は各々で目的意識が異なります。
「浮気は今に始まったことじゃないし・・」と、別段拘ってもいないと云う方はこのページを恐らく読む事も無いかと思いますが、もしそんな方がこれを読んでいるとすれば、それは「強がり」で自分を誤魔化しているだけなのかも知れません。
夫婦や恋人関係にあって、浮気をされて気持ちのいい人なんて居ないはずです。 今、あなたが動き、浮気調査などをするのも、ひとつの選択肢です。それで浮気が無いと云う結果が出る場合もございます。

浮気を立証するには?

A.

専門家による浮気調査とは別に、ご自身でやっておくことをお勧めします。
■方法1
携帯、PCメールのチェック
(ほとんどの場合携帯メールが主流)
出来れば怪しいメールはプリントアウトしておく方がいいのですが、できない場合にはメールの内容をカメラで写しておきます。(デジタルカメラや使い捨てカメラで大丈夫です)
携帯にロックがついている場合については後述します。
■方法2
相手の行動をチェックし、日記等をつける。
(日記は調停や裁判において有効な証拠になります)
カレンダーに帰って来た時間等を入れるだけでも構いませんが、出来ればその日の自分の心の動き(喜怒哀楽)等を正直に書き込んでおくのも良いでしょう。
■方法3
上記のメールや日記帳から当人の動きを探る。

怪しげな動きがあった曜日等の共通性を割り出します。
共通項がどうしても見出せ無いランダムな場合にも日記は証拠能力が高く、後々繋がって来る可能性が高いのでそのままつけ続けます。
怪しいと思う物を見つけた場合には何でも構いませんので取り敢えずコピーしておきます。
■方法4
概ね怪しい日の検討がつけば、探偵社に相談し、その日を狙って浮気調査依頼。

調査報告書には必ずビデオ撮影や写真にハッキリと調査対象者(配偶者と浮気相手)と識別できて不貞の証拠となるだけの物が必要です。
そして、浮気相手の氏名、住所、職業、家庭環境等も調べておく必要があります。
※メールが削除されていたり、日記でも全く想像がつかない場合には探偵社とゆっくり相談し、アドバイスを貰って相互間で期間や料金等に納得がいけば探偵社に任せて調査依頼をします。(上述したメールのロックに関しては探偵社に相談すれば解決出来ます)
■方法5
これで浮気(不貞行為)の立証はできますが、それを持って自分がどうしたいのか?を考えてください。
Ⅰ.離婚までは考えていないが、これを持って浮気を止めさせたい。
Ⅱ.浮気相手を不貞行為で訴えて慰謝料請求をしたい。
Ⅲ.離婚して子供の養育費や慰謝料をもらい社会的制裁を受けさせ自分の第二の人生を考える為に双方を訴える。
以上が概ね浮気の立証をする為の主たる3大理由ですが、の場合には然程徹底した浮気調査は必要無く、浮気調査で探偵が掴んだのVTRと写真だけあれば目的は達成されるでしょう。
またはの場合には、徹底した調査が必要になります。又、場合によっては弁護士とも相談しながら進行させることが賢明です。

浮気を理由に離婚出来るの?

A.

夫婦関係を解消するには、互いの協力の下で作って来た「家庭」を考えなければなりません。そこにはお子さんのことや財産分与、親権、養育費、慰謝料…云々と、クリアしなければならないことが山積しています。
高校生の恋愛解消のそれとは明らかに違うエネルギーを必要とします。
夫婦のいずれかが、大きな気持ちを持って片方の云うことを全て丸抱えで了承してくれれば、内々の話し合いだけで解決しますが、離婚を前提とした話し合いの中では、浮気調査等をして確たる証拠保全をしておかないと、そう簡単には離婚できません。
ましてや、浮気が原因でそうなった場合には互いに譲れないものが必ず出てきます。
浮気が原因で離婚することは、法律的にも認められております。将来的に有利に離婚したいのであれば、それ相応の浮気調査をして事実関係を証拠として持っておいた方が断然有利にことは動きます。
いくら口約束をしていても、別居を始めたり、離婚調停や、裁判までもつれ込んでいった場合にその証拠が力を発揮します。

過去の浮気は?

A.

極端な話、何十年も前に浮気があり、浮気調査をしたけれども、それを許して、その後平穏無事に暮らして居た場合、急にその浮気調査報告書を持ち出して離婚請求をしても、それを裁判所が認めることは難しいでしょう。それは、後述する消滅時効が成立するからです。
もしも、現在違う事由(DVや借金、生活を著しく脅かす過度なギャンブル等々)又は相手が違う異性と浮気を犯しているなどの場合、その何十年も前の浮気の事実を付け加えても離婚請求事由に少し重みを付ける程度でしょう。
当然、当時の浮気相手への慰謝料請求もできません。
※不貞行為の消滅時効は、その浮気を知ってから3年とされております
年月が極端に過去のものでない場合、たとえその場で許していたとしても、以来そのことが原因で夫婦関係が修復できない場合には、離婚請求や慰謝料請求ができます。

浮気をされたから浮気をした?

A.

心情的には分からなくは有りませんが、法的解釈で云うと相手がしたから自分もしたと言う理屈は有りません。
「殴られたから殴り返してやった」
「家に火をつけられたから、相手の家も燃やしてっやった」
これらは報復、復讐の動機だけに過ぎず、ひとつの犯罪として法律で罰せられます。
浮気も同じで、刑事罰こそ無いものの民事事件としては「不貞行為」として立派な不法行為ですので、自分が受けた痛みと同一の報復をする為に、不法行為を犯すことは、正しい選択ではありません。
殴られても、家に火をつけられても、浮気をされても、その報復はあくまでも法律にのっとり、司法の場へ委ねるか、若しくは夫婦間で話し合うしか有りません。
正しい手段、方法を良く理解し感情に流されずに物事を進めていけば、おのずと結果はついてくるはずです。

別居中に浮気をしたら?

A.

別居の理由によって、様々な見解があります。
■見解①
単身赴任のような夫婦家族の了承が有る場合には生活の糧として別居を余儀なくするのですから当然浮気をすると不貞行為に該当します。
■見解②
お互いの意思が離婚すると言う前提をもとに別居している場合は、戸籍上はまだ夫婦であっても夫婦間の関係は破綻している状況ですので不貞行為とは言えませんが、その浮気相手が別居以前からの関係の場合には不貞行為に該当します。
■見解③
「家庭内別居」の場合、「一方の勝手な言動によるものでそうなった」場合には浮気は不貞行為になります。
しかし、双方の意思に基づいて長年夫婦生活が無かったり、生活費の管理も別々で、極端な話、お互いの浮気を容認している場合などは「婚姻関係が破綻している状態」となる場合、不貞行為に該当しないことがあります。

風俗は浮気?

A.

一度風俗へ行っただけの場合、法的には不貞行為とまでは認定されにくいでしょう。また、その配偶者の概念によっても大きく左右されます。
何度話し合ってもその風俗通いが治らない場合には、しっかりと浮気調査をして証拠を掴めば「婚姻を継続し難い事由」になり離婚請求ができますが、その風俗店や風俗嬢に対して慰謝料を請求はできません。
しかし、特定の風俗嬢とプライベートな場所で、金銭や物品での性交渉の契約無しに(売春、買春)肉体関係を継続している場合には不貞行為が認められ、その風俗嬢に対して慰謝料請求が可能です。

日々、悶々と色んな心地の良くない想像をしながら憂鬱な思いを抱え込み生活を続けていると、色んなところに悪循環が波及します。何もしなければ、何も変りません。浮気調査を「する」「しない」は別として相談だけでも結構です。ぜひ一度、電話またはメールをください。何らかのお手伝いが出来ることを自負しております。

ボタンをタップすると自動的に非通知設定で発信いたします。また携帯電話、公衆電話からも電話料無料で電話をお掛いただけます。安心してお気軽にご相談ください。

※ライン無料通話はできません
※クリックで簡易にご登録可能です。

お客様の声

ご依頼者様の声

千葉県から夫の浮気調査を妻側のご両親からのご依頼です。離婚調停に進んで行くらしいですが、何とか離婚しない方向へ進んで行けばと願っています。

お客様の声1

東京から少し東の方から妻の浮気調査。詳細は控えさせて頂きますが、今はお二人仲良く暮らして居ります。

お客様の声2

東京近郊から妻の浮気調査ご依頼でした。慰謝料350万円貰ったらしく金額としては、なかなか異例でしたので私も少々驚きました。

お客様の声3

東京から車で約200kmの少々遠方の調査でした。夫の浮気調査で、その後 夫は改心し今でも幸せに暮らしている様です。

お客様の声4

東京在住の妻の浮気調査でした。色々葛藤が有り調査後色々と作戦会議をしました。その後 ご自身のお気持ちが整理出来ずご離婚と云う結果になりましたが財産だけは何とか、ウルトラCを使って守りました。全ては依頼者様の利益の為です。

お客様の声5

東京から少し離れた地方からの結婚詐欺案件です。お金や慰謝料は返って来ましたが心の傷は癒えていませんでした。その後、半年ほどたまに恋愛相談のラインがきていました。

お客様の声6

東京在住の夫の浮気調査。その後ご自身のお知り合いの弁護士さんとご相談された様ですが、ギクシャクはしているけれども以前の暮らしを取り戻した様です。時間がいずれ全てを忘れさせてくれると思います。

お客様の声7

相当困っていた様子でしたので、弁護士さんをお電話で紹介して差し上げただけなのですが、裁判で全面勝訴したと云って、わざわざ弊社までお礼に来て頂きました。人として当たり前なことをしただけなのにホントに律儀な方です。

お客様の声8
メールでのご相談
Lineでのご相談
電話でのご相談

page top