<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=962770503796100&ev=PageView&noscript=1" />

東京で愛人がいる証拠を得るために浮気調査を依頼するのなら

青木ちなつ探偵事務所では、浮気調査や素行調査、結婚詐欺、保険金詐欺の調査を始めとして柔軟にお客様のご要望にお応えする興信所。
 内閣総理大臣(国家公安委員会)許可(一社)日本調査業協会加盟員 第1408号(一社)東京都調査業協会々員 探偵業届出証明書番号 第30070211号

東京で愛人がいる証拠を得るために浮気調査を依頼するのなら

パートナーに愛人がいるかも知れないと感じて、その事実を証明する何らかの証拠を浮気調査で得ようと考える方もいます。
 
愛人がいる証拠を得る目的としては、とにかく事実を知るため、慰謝料を請求するため、離婚するためなど様々です。
 
ただ愛人がいることを証明する証拠と言っても、調停や裁判で認められる証拠と認められない証拠があることを、東京で浮気調査をするのなら知っておく必要があります。
 
ss76_bbwosousasurute14172508_tp_v
 
例えば、愛人関係が分かるような内容のメールや手紙であっても、それはあくまでも推測に過ぎないため、相手がふざけただけ、と主張すれば立証は難しいのです。
 
また、GPSを使用した記録でラブホテルに入った形跡や領収書があったとしても、推測できるだけの状況証拠なので立証するのが難しいと考えられます。
 
それからICレコーダーで盗聴行為を行ったとしても、音声だけですからふざけていただけと簡単に言い逃れされてしまいます。
 
このような証拠に関しては、確定的な証拠があってこそ生きてくる証拠で、確かな証拠として認められない可能性もあるのです。
 
 
では、愛人関係にあると証明できる確かな証拠とは、どのようなものなのでしょうか?例えば、二人が裸で写っている写真など肉体関係があることを確実に証明できる証拠なら言い逃れもできないですが、現実的にそのような場面を撮影することはできません。
 
また、素人が浮気調査をして集められる証拠には限界があって、先にも触れたように立証できる程の内容でないことが多いのです。
 
パートナーに愛人がいることを証明する確かな証拠を得るのなら、専門家となる探偵事務所に依頼するのがベストです。
 
探偵事務所による浮気調査なら、第三者が見ても言い逃れができない証拠を掴むことも可能です。
 
 
また、浮気調査を探偵事務所に依頼することをおすすめする理由は、証拠を掴んでからの対処が大事になってくるからで、本当の戦いは証拠を掴んでからなのです。
 
つまり、愛人がいることの確定的な証拠を得ることはひとつの通過点で、事実を知ったことで今後どうするのかが重要なポイントになるということです。
 
浮気調査を依頼した本来の目的を考えてみると分かるようにアフターフォローが大事で、場合によっては弁護士など法律の専門家の力も必要になるのです。
 
 
東京にオフィスを開業している私たち青木ちなつ探偵事務所には、協力してくれる弁護士や行政書士の先生の体制が整っているので、しっかりとアフターフォローまで対応することができます。
 
また、青木ちなつ探偵事務所では無料で相談を承っているので、まずはお電話でご相談ください。



探偵東京・浮気調査<足立区・池袋>