<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=962770503796100&ev=PageView&noscript=1" />

東京で離婚裁判に勝つ証拠は探偵事務所の浮気調査で

青木ちなつ探偵事務所では、浮気調査や素行調査、結婚詐欺、保険金詐欺の調査を始めとして柔軟にお客様のご要望にお応えする興信所。
 内閣総理大臣(国家公安委員会)許可(一社)日本調査業協会加盟員 第1408号(一社)東京都調査業協会々員 探偵業届出証明書番号 第30070211号

東京で離婚裁判に勝つ証拠は探偵事務所の浮気調査で

 
mangarikon01

mangarikon02

 

離婚裁判に勝つ証拠は探偵事務所で

浮気が原因による離婚問題で裁判まで進んでしまうケースもあります。
 
では、どのような状況の時に裁判となるのか、簡単な裁判までの流れを知っておくと参考になります。
 
 
浮気をされた被害者が浮気の事実を示し慰謝料や親権を請求して、相手が浮気の事実を認めれば話し合いで問題は解決します。
 
しかし、相手が浮気の事実を認めず請求を拒否した場合には、示談交渉といった方法で金額や条件の細かい部分を交渉することになります。
 
その示談交渉でも結論が出ない場合には、裁判所で話し合いをする調停に移行するのが一般的です。
 
そして、この調停でも決まらない場合には、最終手段として裁判になります。
 
8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_s
 
このような流れで離婚裁判や浮気相手を訴える裁判になる場合には、何よりも証拠が物をいうことを理解しておく必要があります。
 
配偶者の浮気を客観的に判断することができる証拠が何よりも重要なポイントになるのです。
 
ただし、浮気が原因の裁判で浮気の事実を証明できる証拠として、使える証拠と使えない証拠があることも確かです。
 
裁判で使える証拠の代表となるのは、探偵事務所から提出される浮気調査の報告書で、浮気の事実が客観的に判断できる画像が撮影されていると、相手は言い逃れできなくなります。
 
また、それと共にその日時や場所なども判断できる証拠が、浮気調査の報告としてあればさらに確実な証拠になります。
 
 
メールやLINEなどのやり取りに関しては、内容によって浮気の関係性を証明する証拠になることもありますが、不十分になるケースも多いので使えない証拠になる可能性はあります。
 
それから、ラブホテルのレシートやポイントカード、ナビの履歴、浮気相手とのツーショット写真、手紙などは、状況証拠としてある程度の参考にはなります。
 
ただし、いくらでも言い逃れはできるので浮気を証明する証拠としては使えない可能性は大きいです。
 
 
このようなことからも理解できるように、確実に離婚調停や裁判に勝つためには、探偵事務所に浮気調査の依頼をして決定的な証拠を手に入れることが必要です。
 
また、浮気をしていることが確実で調停や裁判で勝てる状況であれば、浮気調査をした探偵事務所に支払う費用も相手に請求することができるので、費用の心配をすることなく浮気調査を依頼できます。
 
配偶者の浮気の事実を確認して、最悪裁判まで進んだ時には勝ちたいと考えているのなら、探偵事務所に浮気調査を依頼すると良いでしょう。
 
東京に事務所を構える私たち青木ちなつ探偵事務所では無料相談を実施しておりますので、まずはお電話でご相談をください。



探偵東京・浮気調査<足立区・池袋>