不貞行為Q&A 東京足立区:豊島区池袋の青木ちなつ探偵事務所

浮気調査や素行調査、結婚詐欺、保険金詐欺の調査を始めとして柔軟にお客様のご要望にお応えする興信所。
探偵東京・浮気調査の青木ちなつ探偵事務所HOME > 不貞行為Q&A
不貞行為 Q&A                    TOP                  top

無料相談メールはこちら



肉体関係無しの場合は? キスは不貞? どこからが不貞?
既婚者とは知らなかった 不貞を立証するには? 過去の浮気は?
浮気をされたから浮気をしたら? 強姦の場合は? CARSEXの場合は?
別居中でも不貞? 風俗は不貞? 慰謝料の額は?

法律用語で云うと【夫婦間の守操義務に違反する姦通】と小難しい言葉になりますが、ひらたくいえば
各々配偶者が自由な意思に基づいて他の異性と肉体関係を持つ事です。

もっと簡単に云うと
婚姻関係にある夫婦は浮気をしてはいけないと云う事です。

夫婦は原則的に同居し互いの協力の下、円満なる家庭を築かなければならない義務が有ります。
それには当然ながらお互いに貞操を守る義務も有します。
これは夫であれ妻であれその義務に反し他の異性と 性交渉を持った場合
それを持って本人及びその浮気相手が他方の配偶者に対し共同で【不貞行為】という不法行為を犯したとし
民事事件として不貞行為を犯した両名に対して裁判所に離婚請求や又慰謝料請求ができます。

昭和22年までは妻の浮気にだけ旧憲法下の刑事罰で【姦通罪】と云う現代社会では想像も出来ない法律がありました。


肉体関係はまだ無いと思うが、あきらかに付き合ってる場合は?
付き合っているのか親しい異性の友人なのか、その線引きが曖昧な場合、当然不貞行為とは言えません。
その時点で何等かの手段を講じて、目を覚まさせなければいけませんね。

各々違いはありますが性交渉を持つ前だと目が覚めやすい確立が多い様に思います。


キスだけでは不貞行為にならないのですか?                 ▲ページのトップへ▲
先ず、「キスしているとろを見た」又、「キスしている所を見つけて、認めさせた」等では
不貞行為とは認定されません。
   
仮に路上で抱擁しディープなキスをしているところをVTRや写真に撮ったところで
これだけでは不貞行為は認定されません。
   
特にTPOで言うと、立食パーテーィー会場や仲間でワイワイ騒いで飲食している居る様な
公然とした場であれば尚更です。

唯、シティーホテルやお互いの住居に長時間の滞在をしていた等の事実関係があきらかに証拠として
VTRや写真として現存している場合にはその証拠能力を裏付ける有力な材料になります。
  
もっと言うならば、男女関係の親密さをより深く証明するには、
唯単に肉体関係だけに固執するだけじゃなく、ホテルや互いの住居に入って行く、出て来る。
いわゆる肉体関係を持てる場所へ辿り着くまでののプロセス。
例えば、居酒屋やBAR:ファミレス等での食事風景や二人だけでの旅行の様な二人の親密度等が立証されれば、
調停や裁判にまで発展した場合にはより有利になります。


どこからが不貞行為?
原則的には他の異性との性交渉があったり
又、そう推認でき得るに充分なる 状況が認められて初めて不貞行為となります。
例えば、ラブホテルに二人で入って20分以上出て来なかった場合は不貞行為が認められます。
   
ラブホテルの場合には世間一般通念上SEXをする目的で利用するものと限定されるからです。 

実際、男性同士や一人きりでは入れないラブホテルも多々あります。


別居中に浮気をしたら?                        ▲ページのトップへ▲
別居の理由によって様々な見解があります。
  
@
単身赴任のような夫婦家族の了承が有る場合には
生活の糧として別居を余儀なくするのですから当然浮気をすると不貞行為に該当します。

A
お互いの意思が離婚すると言う前提において別居している場合は、
戸籍上はまだ夫婦であっても夫婦間の関係は破綻している状況ですので不貞行為とは言えませんが、
その浮気相手が別居以前からの関係の場合には不貞行為に該当します。

ましてやその事が原因で別居や離婚を決意したのであれば立派な不貞行為であり
本人には勿論の事浮気相手に対しても慰謝料請求が可能です。
   
B
俗に言う「家庭内別居」の場合。
一方の勝手な言動によるものでそうなった場合には浮気は不貞行為になります。
しかし双方の意思に基づいて長年夫婦生活が無かったり生活費の管理も別々で、
極端な話お互いの浮気を容認している場合等は「婚姻関係が破綻している状態」となる場合があります、
そうなると唯単なる同居人同士の関係となり。不貞行為とはならない場合があります。
   
そもそもの原因=結果の原点に立ち返ってみて考えた場合原因の部分において
それの全てには当てはまらない場合もあります。


無料相談メールはこちら

既婚者と知らなかっても不貞行為ですか?
知らなかった場合、騙されていた場合には不貞行為の立証は大変困難になります。
逆にその不倫相手を訴えて慰謝料請求をする事も可能になります。

しかし、本当に知らなかったという立証責任はこちら側にありますので、付き合っている
相手に、もしも不審なところがあれば見過ごさずチェックするよう心がけてることが肝心です。
勿論、騙していた方は不貞行為となるでしょう。



風俗は不貞?                                 ▲ページのトップへ▲
風俗であっても他の異性と性交渉を持てば浮気ですが。
たった一度だけの場合等では不貞行為とまではなりません。
しかし風俗大好き男性の場合等。何度話し合ってもその風俗通いが治らない場合には
「婚姻を継続し難い事由」になり離婚請求ができますが、
その風俗店や風俗嬢に対して慰謝料を請求する事は出来ません。
   
しかし、出逢った場所が風俗店であっても
一定の風俗嬢とプライベートな場所で金銭や物品での性交渉の契約無しに(売春:買春)
肉体関係を継続している場合には不貞行為が認められ、その風俗嬢に対して慰謝料請求も可能と考えます。


妻が黙って風俗店で働いた場合は?
その風俗店の内容にもよりますが、いずれにせよ婚姻を継続し難い重大な事由には該当すると考えます。
しかしながら風俗店で働く妻の理由も充分熟慮するべきでしょう。


不貞行為を立証する方法は?                      ▲ページのトップへ▲
@
先ずは、携帯:PCメールのチェック(ほとんどの場合携帯メールが主流)をします。
出来れば怪しいメールはプリントアウトしておく方がいいのですが、
その手段が取れない場合にはメールの内容をダイレクトにカメラで写しておきます。
(デジタルカメラや写メでOKです)
携帯にロックがついている場合は後述します。
   
A
次に相手の行動をチェックし、日記等をつける事を始めます。
(日記は調停や裁判において有効な証拠になります)
カレンダーに帰って来た時間等を入れるだけでも構いませんが、
出来ればその日の自分の心の動き(喜怒哀楽)等を正直に書き込んでおくのも良いでしょう。
   
B
そのメールや日記帳から当人の動きを探します。
怪しげな動きがあった曜日等の共通性を割り出します。
共通項がどうしても見出せ無いランダムな場合にも日記は証拠能力が高く、
後々繋がって来る可能性が高いのでそのままつけ続けます。
   
怪しいと思う物を見つけた場合には何でも構いませんので取り敢えずコピーしておきます。

C
概ね、怪しい日が想像出来れば興信所に相談しその日を狙って調査依頼をします。
調査報告書には必ずビデオ撮影や写真にハッキリと調査対象者(配偶者とその相手)と識別出来て
不貞の証拠となるだけの物が必要です。
   
そして、浮気相手の氏名:住所:職業:家庭環境等も調べておく必要が有ります。

◆メールが削除されていたり、日記でも全く想像がつかない場合には
 興信所とゆっくり相談し、アドバイスを貰って相互間で期間や料金等に納得がいけば
 興信所任せて調査依頼をします。
 (上述したメールのロックに関しては興信所に相談すれば解決出来ます)

D
これで不貞行為の立証はできますが、それを持って自分がどうしたいのか?
  
T 離婚までは考えていないが、これを持って浮気を止めさせたい。
   
U 浮気相手を不貞行為で訴えて慰謝料請求をしたい。
   
V 離婚して子供の養育費や慰謝料をもらい社会的制裁を受けさせ自分の第二の人生を考える為に双方を訴える。

以上が概ね不貞の立証をする為の主たる3大理由ですが、Tの場合には
然程徹底した調査は必要無く浮気現場のVTRと写真だけあれば目的は達成されるでしょう。

UまたはVの場合には、徹底した調査が必要になるでしょう。
又、場合によっては弁護士さんとも相談しながら進行させる事が賢明でしょう。


過去の浮気は?                              ▲ページのトップへ▲
過去と言ってもその年月によって変わって来ます。1ヶ月前なのか又3年、或いは何十年も前の話なのか。
   
極端な話、何十年も前に不貞があり、それを許してその後、平穏無事に暮らして居た場合。
急にその事を持ち出して離婚請求をしても、それを裁判所が認める事は難しいでしょう。
   
もしも、現在違う事由(DVや借金、生活を著しく脅かす過度なギャンブル等々)
又は相手の違う異性と不貞を犯している場合等、
その何十年も前の不貞の事実を付け加えても離婚請求事由に少し重みを付ける程度でしょう。
当然、当時の浮気相手への慰謝料請求も出来ません。
(不貞行為の消滅時効は、浮気相手を知ってから3年とされております)

年月が極端に過去のものでない場合には、たとえ許していたとしても、
以来その事が原因で夫婦関係が修復出来ない場合には離婚請求や慰謝料請求が出来ます。

諍いの絶えない苦痛を感じながら日々暮らしていかなければならい義務は無いと考えます。


強姦の場合は?                             ▲ページのトップへ▲
妻が強姦された場合には勿論不貞や浮気とは根本的に性質が異
なります。不法行為に該当するのはその犯罪者だけで、妻には何ら落ち度はありません。

その事をもって夫が妻に対して嫌悪感を持ち続けても、夫側からの離婚請求は認められません。
しかし、そうなった場合には「婚姻を継続し難い重大な事由」ですので、
夫婦間で話し合いそれでも分かり合えない場合には調停員等に相談する事が賢明でしょう。
 
私的な感情論で申しますと、そんな夫とは将来的にも健全なる婚姻関係は継続し得ないかと考えます。

夫が強姦した場合には、完全なる不貞行為なので離婚は認めらます。

無料相談メールはこちら

浮気の復讐に浮気をしたら?。                     ▲ページのトップへ▲
相手がしたから自分もしたと言う理屈は有りません。

「殴られたから殴り返してやった」
「家に火をつけられたから、相手の家も燃やしてっやった」
   
これらは報復:復讐の動機だけに過ぎず、ひとつの犯罪として法律で罰せられます。
この不貞行為も同じで、刑事罰こそ無いものの民事事件としては立派な不法行為ですので
自分が受けた痛みと同一の報復をする為に、不貞行為と云う不法行為を犯す事は
心情的には分からなくは有りませんが正しい選択ではありません。
   

殴られても:家に火をつけられても:不貞をされても
その報復はあくまでも法律に則り、司法の場へ委ねるしか有りません。
正しい手段、方法を良く理解し感情に流されずに物事を進めていけば、おのずと結果はついてくるはずです。


真っ暗な場所で、車の中に何時間も二人きりでいた場合は?      ▲ページのトップへ▲
俗に言うところのカーSEXの可能性をどこまで推認出来る証拠を取れるかです。
車が走行中や信号待ち。
又はいずれかの家へ送り届けてその家の前で別れを惜しんで1時間位話をしている最中に、
もたれ掛ったりキスしたりと云う光景は、長年探偵をしていれば別段珍しい事ではありません。
これは二人の親密度を確信する。いわば経過にしかすぎません。
探偵と云う職業の観点から申しますと、それ位の映像や写真を撮る事は造作も無い事です。
  
問題はSEXをしたか否かです。
カーSEXの場合には大抵、車はより暗い所を選んで駐車します。
過去の調査事例においても肉眼では車が有るかどうかも見分けのつかないところへ駐車していた事例も有りました。
   
そう云う静かで暗い場所での撮影は困難を極めますので、
なか々SEXと云う行為を撮影だけで立証する事は難しいのです。
調査している事が相手に分かってもいいと云う環境であらば、少々強引な方法で撮影する事は出来ますが、
探偵の仕事は出来る限り、調査した事を悟られずに完結する事が
後々調停や裁判になった時に有利な作戦を立て易いのです。

 さて、こう云う場合はどうするのか?
  カーSEXの場合。割合的に趣味趣向:性癖等の問題が多い様に思います。
  過去の調査事例から申しますと、普通は車の中でキスや抱擁をしリクライニングを倒したりするのですが、
  互いの興奮が収まりつかなくなったのか急いで最寄のラブホテルに飛び込むか、
  どちらかの家の中へ入って30分〜1時間位で出て来る事があります。
  それはその日のデートにSEXをする予定がなかったが、それを抑圧出来なくてそうなるケースがあります。
  この場合には時間がかかっても粘り強く調査を重ねて、厚みのある証拠を収集しなければなりません。

もうひとつは継続的に車を暗闇まで走らせリクライニングシートを倒しそこから2時間程度出てこずに、
その後どちらかを送って行くケースがあります。
この場合同じ様な行為を4〜5回も繰り返した場合には
不貞を立証するまでには至らなくても推認をする事は出来ます。
    
例えばワンボックスカー等の後部座席をフラットにして行為が終わってから、
そのまま眠ってしまい、朝を迎えた場合等はそこを押さえ撮影します。
裸のまま眠った場合等は着替えているところ迄撮影出来る場合もあります。
こういった場合には不貞行為が認められます。


慰謝料ってどれくらい貰えるの?                   ▲ページのトップへ▲
環境(子供の有無)や婚姻関係の年月。裁判所での判決:和解。又、資力等で大きな違いが有ります。
@
相手側。つまり、浮気相手からの慰謝料は上述したようにその人物の資質や交渉の仕方で変わって来ます。
平均的な年収の人物であれば、100万円〜200万円程度が、昨今の現実の様です。
A
配偶者に請求する場合
婚姻期間に得た財産は財産分与としてその資産の半分を貰う権利が有ります。
その場合。一般的な算出をするよりも多い時は財産分与の方が高額になる場合。財産分与で賄う方が賢明です。

特に養育費に関しては毎月々の支払いになりますので、
お話合いで合意しても、必ず公正証書ぐらいは作成して置きましょう。
イザ支払いが滞った場合にでも、給与等の差し押さえが出来る様に万全を期する事が賢明です。
 
今現在経済力があっても何ヶ月先、数年先に何が起こるか分かりません。
夫に支払い能力が無くなる事も充分考えておくべきです。貰えるものは出来るだけ早く貰っておきましょう。


浮気調査  ストーカー対策 裁判資料収集 素行調査 行方調査    
盗聴 メール  会社概要 地図:交通 料金設定

無料相談メールはこちら


探偵東京・浮気調査なら足立区青木ちなつ探偵事務所
本社 東京都足立区島根3-7-1-301号         03-5831-3355  0120-252-250

浮気調査や結婚詐欺・不貞行為の調査は東京の青木ちなつ 探偵事務所
   青木ちなつ探偵事務所では、浮気調査結婚詐欺を始めとして柔軟にお客様のご要望にお答え致します